最初に決めてみよう|良い名前を付けるためには、決め方にこだわる必要がある!

良い名前を付けるためには、決め方にこだわる必要がある!

最初に決めてみよう

並んでいるタロットカード

実際に赤ちゃんができたことを知ったときに、誰しもが歓喜すると思います。
特に妊娠をした本人は一番赤ちゃんの誕生に心があたたかい気持ちになるはずです。そこで今回は妊娠したてだという人に向けて、是非名付けてほしい「胎児ネーム」についての話をしたいと思います。

胎児ネームというのは赤ちゃんが生まれるまで使用する名前のことで、いわゆる正式な名前とは違い気軽に適当な名前を付けてあげればOKです。たとえば「まめちゃん」とか「ぽこちゃん」といった本当に簡易的な名前でまったく問題ありません。一昔前までは胎児ネームという文化がありませんでしたが、今となっては多くの人がおなかの中の赤ちゃんに対して胎児ネームを付けるようになりました。ではどうして胎児ネームをわざわざ付けるのか?実は大きなメリットが存在します。まず胎児ネームを付けることによっておなかの中にいる段階から赤ちゃんのことを誰もが名前で呼ぶようになります。つまり本当におなかの中に「人間」がひとりいるんだなぁという自覚を自分を含め関わる人全員に思ってもらえるわけです。おなかを触るたびに赤ちゃんに話しかけたりすると思いますが、そのときに胎児ネームがあれば、より赤ちゃんの存在を実感しやすいですよね。また同時にそれはあなたの旦那さんに対しても良い効果がもたらされます。旦那さんにも胎児ネームを呼ばせてあげれば、自分が親になる自覚を早い段階から強く持っていただけるようになるでしょう。ちなみにすでに子供を産んでいる人だったら、子供にこれからお兄ちゃんやお姉ちゃんになるんだよという自覚を持たせてあげることができます。